トップイメージ
キャッシングした際、支払う時には金利を含めての支払いになるのは誰もが知っていると思います。ローン会社は利益を目当てとした業者なのですから当然です。そうはいってもお金を支払う方は、1円でも少なく返金したいと考えるのが本音でしょう。利息制限法が設けられる一世代前は、年率30%近い金利を支払っていましたが、定められてからは高金利でも年18%位といくぶん低く決められているので、随分良くなったような気がします。最近のローンキャッシングの利子の枠は4%位から18%位の間が設定されていて、利用可能額により設けられます。利用可能額は申請者の与信によって影響します。総量制限により年収の1/3までと設けられていますので、収入がどれくらいあるのか?どんな職業についているのか?カードの使用状況はどうなのか?もろもろ確認され与信額としてカードの内容が決まります。カードを使ったキャッシングの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各業者で金額は変わります)と広い幅があります。そしてその枠の中で定めた利用できる金額により利率も決まるのです。50万円なら年率18%、300万円なら12%、800万円なら4%といった流れになるはずです。いわば、信用が上がれば、貸付可能金額も良くなり、利息も下がるはずです。この金利に矛盾を抱くのは私しだけでしょうか?余談になりますが、カード会社にとって、これらの事実は当たり前でしょうが、年の収入の良い人がお金の借入れが必要と思えませんし、もしもキャッシングローンを利用した場合でも利子が多かろうが少なかろうがお金の返済に困る事はないでしょう。むしろ年の収入悪い人は直ぐにお金が必要だから借りるという方が大抵です。利息が悪いとお金の返済に追い込まれるなるはずです。ですから使用可能枠の小さい人こそ低利息で活用できるようにすべきです。この考えは利用する視点からの考えです。これらを念頭に置くと、金利を安くする為にはどのようにすれば良いのか漠然と感じたと思います。実際にこれから述べる方法で、申し出をする人がほとんどなので説明しますと、カードローンの申し込みをする場合、一年の収入の1/3ぎりぎりまで申込みを行うのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で申込みのキャッシング審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分金利が低いクレジットカードを手にすることができます。とは言っても全額使用しなければならないというわけではありません。15万円でも20万円でも必要な金額だけ使用可能です。また上限利用可能金額が300万円で最低利率年間7%位のローン企業もあるのです。その金融会社に手続きをすればその会社の最低利率で利用できるはずです。どう思いましたか?考え方を変えるだけで低利子のクレジットカードを持参することが出来るのです。自らの年の収入とローン会社の金利を比較し、調べる事に時間を掛ければ、より有利な状況でお金の借入れができるのですから、きちんとチェックするようにしなければなりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.makeupbyti.com All Rights Reserved.