トップイメージ

特定調停という手段も任意整理による方法と同じく、各貸し手に債務の返済を続けることを選択する借金を整理する方法になります。80-11-36

わかりやすくいうと裁判所が行う債務の整理といえます。80-18-36

特定調停という方法も任意整理による処理とほぼ同じく、自己破産手続きと違って一部分のお金だけを処理することが可能ですので、保証人が関係している契約を別として検討したい場合や自動車ローンを除いて処理したい場合などでも適用することが可能になりますし資産を放棄してしまうことが求められていないため、マイカーや不動産などの財産を持っているけれど、手放してしまいたくない場合でも選択肢になる借金整理の方法となっています。80-15-36

しかしながら、これから返済が必要となる額と現実の手取り額をかんがみてだいたい返済の計画が立つようである場合は特定調停での処理を進めることは問題ありませんが、自己破産と異なり返済義務そのものが消滅するということではないため、量が多い状況の場合現実にはこの特定調停という選択肢を選ぶのは難しいということになるでしょう。80-14-36

さらに、この手順は裁判所という機関が中に入るので司法書士事務所などに見てもらわなくても立場が弱くなることはないということや、手続きのための金額を削減できるという点がありますが、債権者それぞれのわずらわしい取り立てに対し債務者自身が応対することになることとか文字通り裁判所に何回か通う必要があるというようなデメリットもあります。80-9-36

それから、任意整理による解決との比較になりますが調停にて同意に達しないような際は利子をすべて付けた形で返済していかないといけないといったことや結果的に貸し手に対して払っていくお金が任意整理による手続きよりも割増しになる場合が多いといった点もあります。80-10-36

80-4-3680-20-3680-2-3680-13-36

サイトMENU

Copyright © 1998 www.makeupbyti.com All Rights Reserved.