トップイメージ

クレジットを店にて決済する時、一度は体験したことがあるのではないかと察しますが、店員が不慣れなことでどちらの紙をお客様の方に提示するのか迷っていることがあるのではないでしょうか。ゴルフ場予約 関西

といいますのも、クレカを決済すると、マシンからは3枚1組の明細というものが発行されるためであり、それらのうちどれを利用者のもとへ渡してよいものかどうか迷ってしまうということがあります。タチウオの保存方法

レシートの正体→上記のレシートについてとはいかなるものなのかというのは、下のようになります。アヤナスリニューアル

1お客様へ渡す明細。海信ゼミ4期

2お店の控え利用レシート。カイテキオリゴ 口コミ 赤ちゃん

3カード会社控え用の使用明細(署名を行う紙)。

通常であれば例外なく利用者に保管して頂く利用明細を受領するのが正しいのですがたまに店舗で保管する使用レシートをお客さんへ間違えて渡してしまうケースや、署名した側の明細レシートを渡すような大きなミスなども見られます。

パートスタッフであったり普段からクレジットが使われるケースの少ない店頭で会計する際クレカを使用すると、そういった店舗従業員の戸惑いが見れるだろう。

従業員が誤った使用レシートというものを渡そうとした場面ではどうぞ「これじゃありませんよ」と直してみてはいかがでしょうか。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.makeupbyti.com All Rights Reserved.